浮気から離婚へのパターン

浮気から離婚のパターン

突然離婚したいと言いだす

相手の言う離婚の理由は”性格の不一致”。本人の中ではもう離婚がすることが決定しているようで、やり直しの話しには応じません。
まともな話し合いができず、話が通じないので、「宇宙人と話しているみたい」と思われる方も多いようです。

STEP
1

よく考えてみると様子がおかしい

気にしていなかったかもしれませんが、少し前から、帰宅が遅くなったり、出張や外泊が増えていたりすることがあります。

浮気が原因で離婚を言い出す場合、大抵は行動パターンの変化があります。本当に性格の不一致で離婚になる場合、離婚を言いだす前に何らかの話し合いをしようとするものです。

STEP
2

家にお金を入れなくなる

突然離婚してくれと言われて、はい、わかりましたと応じるはずがありません。どうしてそんなことを言い出すのかと言い合っているうちに、離婚に応じなければ生活費を入れないと言いだすことがあります。実際には、徐々に減らしてくることが多いです。給料の振り込み口座を変更してしまうこともあります。

浮気相手との行動にはお金がかかります。給料は増えず、単純に出費が増えますので、自由に使えるお金を作るには、家に入れるお金を減らすしかありません。

STEP
3

家を出たいと言い出す

家を出て行けと言うのではなく、自分が出ていこうとするケースが多いです。もう一度やり直すために冷却期間を置きたいなど、もっともらしい事を言ってくることも。でも、一度出て行ってしまうと、やり直す機会がなくなってしまいます。

こうなると、「別居したい」と宣言しているようなものです。浮気調査を行うのであれば、家を出る前、きちんと一緒に生活している時の方がいいですから、証拠が撮れるまでは別居に応じないのがベストです。

STEP
4

住所も教えず家を出る

家を出てしまうと、やり直しの道を探ることは非常に困難です。また、行動パターンがつかめなくなりますから、調査をする上でも困難になることがあります。

「一緒に生活していないのだから、もう夫婦関係は破綻している」と主張してくる可能性も出てきます。

STEP
5

証拠は撮れるうちに、お早めに。

家を出て何ヶ月も経ってから浮気調査をして、異性関係の証拠が撮れたとしても、「夫婦関係が破綻した原因」とならない可能性もあります。後で後悔することのないように、早めに証拠を撮っておくことをおすすめします。

無料相談はこちら

まずはご相談・秘密は厳守します